自己破産で再スタートできる

自己破産とは

債務整理の方法の一つに自己破産があります。 これは、地方裁判所に対して破産の申し立てを行い、借金をゼロにすることです。債務整理の方法には、自己破産以外にも任意整理や民事再生がありますが、これらの方法は整理後に返済計画を履行していく必要があるため、一定の収入が必要となります。

しかし、もし借金地獄に苦しんでいる当事者が無職であった場合には
任意整理と民事再生は利用できないため、自己破産以外に道はありません。
また、任意整理や民事再生を行った後も返済できる見込みがないほど
多額の借金を抱えていた場合にも、自己破産を行うことになります。
つまり、いくつかの種類がある債務整理の中でも最終手段と言えるものです。

自己破産が他の債務整理と明らかに違うことは、借金をゼロにするというのはもちろんそうですが、ゼロにする代償として、財産は全て放棄しなければならないということです。 つまり、自宅や車をはじめとした全ての財産を売り払って借金返済に充当したとしても、なお借金に耐えられないほど困窮している状態である場合にのみ、自己破産が妥当ということです。

自己破産は、多重債務に陥って返済が不可能になった人を、法的な力で救うために国が定めたものです。一般的に、自己破産というとなにか非常に悪い事のように思いますが、
実際にはそうではなく、どうしようもない人が借金をゼロにし、再スタートを切らせるための救済システムなのです。

自己破産に関する世間の認識

自己破産に伴うマイナスイメージについてもう少し書く事とします。

グレーゾーン金利

これらのマイナスイメージは、多くが不当なものと言えます。 例えば自己破産に伴う誤った噂の中には、 自己破産をした人には選挙権がない、年金がもらえなくなる、会社を首になる、 戸籍に傷が付くなどと言われています。このように信じて疑わない人が多い、 あるいはこれに類するイメージを抱いている人が多いですが、これらは全て真っ赤な嘘です。

上述のとおり、確かに財産は全て失うことになります。 しかし、これは下着までうばわれて文字通り裸一貫になるかというとそうではなく、 生活のために最低限必要な財産は保障されるのです。

根も葉もない噂を信じて頑なに自己破産を拒み、毎日取立てに怯えるよりは、 思い切って自己破産を行い、さっぱりとした状態で人生の再スタートを切ったほうが、 のちの人生を幸福に送ることが出来る場合がほとんどなのです。

また、自己破産に至る人は、多くの場合、その時点で既にほとんどの財産を 失ってしまっているものです。その場合には、自己破産の手続きはすぐに終わります。

破産手続きについて

では、いざ自己破産を行うときにはどのように手続きを進めるのかを見ていきましょう。

1、弁護士に相談する

まずは法律の専門家である弁護士に相談しましょう。 もちろん、弁護士に協力してもらうためにはタダというわけには行かず、 自己破産の手続き依頼のためには一般的に30万円くらいがかかるものです。

これから自己破産をしようとしている人にとっては 30万円など到底用意できないように思えるお金ですが、 借金からの責め苦から逃れるためには、30万円は安い代償であると言えます。 また、法律扶助制度を利用すれば、弁護士代金の一部を扶助してもらうことができるので、 この制度は積極的に利用しましょう。

弁護士へ依頼が完了すれば、速やかに手続きが始まります。依頼後は、書類作成から裁判所への申し立てまで、全てを任せることが可能です。

債務整理 弁護士

2、破産の申し立て

自己破産の手続きが始まると、まず弁護士は地方裁判所へ破産の申し立てを行います。 破産の申し立てが行われると、破産開始決定というものがくだされ、資産の整理が始まります。 しかし、ほとんどの場合はこの時点で自己破産者は資産を持っていないため、 すぐに破産手続きは終了します。

3、免責許可の審査

その後、免責許可の審査が行われますが、これは借金の返済が不可能であることを裁判所が認め、
借金をこれ以上支払う必要はないということを認めることです。もし債務者がまだ財産を持っているなどの何らかの問題があるときには、すぐに免責許可が下りることはなく、審査が念入りに行われます。
この審査は裁判所から管財人という他人の財産を調査・管理する権利を持っている人が
派遣されることによって行われますが、管財人の選出のためには約20万円のお金がかかってしまいます。
もし管財人を選出しなければならなくなれば、残っている財産を現金化したり、
退職金の一部を組み入れることによってこのお金を裁判所に収める必要があります。

免責許可が下りれば、自己破産のための手続きは全て終了です。
これまで多額の借金に苦しめられてきた人にとっては、
文字通り地獄から抜け出した思いがすることでしょう。

自己破産のメリット・デメリット

メリット デメリット
・借金が全てゼロになる
・すべての取立ては手続き完了までストップ
・借金取りたての恐怖から逃れられる
・ゼロからスタートできる
・官報・破産者名簿に載る
・ブラックリストに載る
・職業が制限される
・保証人が全責任を負う

メリット

自己破産のメリットを考えるならば、当然ながらメリット借金が全てゼロになるということです。  また、弁護士に依頼して手続きが始まると、すべての取立ては手続き完了までストップするため、借金取りたての恐怖から逃れられることもメリットと言えます。

デメリット

しかし、借金をゼロにしてなんの代償も支払わなくてよい訳はありません。
きちんとデメリットもあります。

ゼロからスタートできる
ゼロから始められるということは、逆から言えば財産は全て手放す必要が あるということであり、
これがデメリットのひとつです。
官報・破産者名簿に載る
政府が発行する官報と本籍地の破産者名簿に一定期間掲載されます。
したがって、ほとんどの人は心配ないでしょうが、
官報や破産者名簿に接する機会がある知人がいたならば、
自己破産をしたことがばれることになります。
ブラックリストに載る
自己破産をすると、金融事故を起こした履歴として信用情報機関に掲載されます。
つまりブラックリストに載るということであり、
自己破産後の7年間はキャッシング、ローンを組む、
クレジットカードを作るなどができなくなります。
街金や中堅以下の会社から借りている
人はブラック云々ではなく借入しずらい可能性があります。
職業が制限される
自己破産をした人は免責許可が下りるまで、弁護士、司法書士、税理士、
保険外交員、証券外交員を職業とすることができなくなります。
保証人が全責任を負う
大手消費者金融のように保証人不要としてキャッシングをしてくれる場合は良いのですが、
借金に際して保証人を立てて借入を行っている場合、全責任は保証人が背負うことになります。
つまり、自己破産は破産者本人を守るものの、保証人は一切守ってくれないのです。
保証人がすべての借金の返済を請け負うことになります。
そのため、自己破産をする時には破産者本人と保証人の間でよく話し合いが行われていなければ、
後に大きなトラブルに発展することがあります。
なお、自己破産をすると債権者は親のもとに行くなどという噂がありますが、
これは親が保証人になっていた時だけであり、保証人になっていないにも 関わらず
債権者が親のもとへ取立てにいったところで、親が支払う義務は一切ありません。

自己破産は人生をゼロから再スタートさせるための有効な手段です。
自己破産を選択する場合には、二度と同じ誤ちを侵さないことを
固く誓った上で行うようにしましょう。

COPYRIGHT© 2014 自己破産って悪いことばかりじゃない!自己破産から人生の再スタートを図る ALLRIGHTS RESERVED.